healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

健康相談答えてドクター

ストレスによる血圧(サンドイッチウーマン、30代女性)

60歳になる母のことで相談です。母は2年前に勤務先を早期退職するまで病気ひとつしたことが無く、風邪もひかないくらい丈夫な人だったのですが、ここ最近急に血圧が上がったとかで心配をしています。退職後、母は大学に入学して第二の人生を歩みだし、当初はイキイキとしていたものの、隣の県に住む姑の介護(通いで週に1〜2回)を負担するはめになってから相当のストレスを感じているようです。学業と介護の両立に加え、母自身が頻尿で夜間に3〜4回も目が覚めるとかで、睡眠不足も続いているようです。血圧の数値は教えてくれないのですが、父の話によるとどうやら収縮期血圧が200近くまで上がる時もあるらしく、祖母が母と同じ年齢の頃に脳卒中で突然亡くなったこともあり、心配でなりません。現在、バルサルタン錠を処方されているそうです。
ストレスを取り除くことが難しい場合、日常生活ではどのようなことに気をつければ良いのでしょうか?忠実にお薬を飲んでいれば、とくに心配は不要でしょうか?
アドバイス宜しくお願いします。

休養と減塩食、薬物治療などの組み合わせで治療を進めます。

ストレスは血圧を上昇させるホルモンの分泌を促してしまいます。ストレスを解消する工夫が必要ですが、どうしてもストレスを取り除くことが難しい場合には、休養と減塩食、薬物治療などを組み合わせていきます。
家庭血圧が大切ですので、家で血圧を測定し、記録していくことが必要です。薬の飲み方も医師と良く相談しながら加減していくことも大切です。

ご回答いただいた医師

板倉弘重 先生

板倉弘重 先生

ご活躍の場: 医療法人社団 エミリオ森口クリニック 理事長
日本動脈硬化学会 名誉会員
日本ポリフェノール学会 理事長
日本栄養・食糧学会 名誉会員
日本臨床栄養学会 理事長
国立健康・栄養研究所臨床栄養部長
ブラジル リオグランデヂス-ルカソリック大学客員教授
ご専門: 動脈硬化、栄養関係、高脂血症、糖尿病、高血圧など 認定臨床栄養指導医
ご経歴: 東京大学大学院医学研究科博士課程修了後、同大学第三内科入局
カリフォルニア大学サンフランシスコ心臓血管研究所留学
2000年から2010年まで茨城キリスト教大学生活科学部食物健康科学科教授
2006年「瑞宝双光章」受賞
2009年度国際栄養学連合(IUNS)のFellowに認定(栄養学研究分野で顕著な貢献をした世界の研究者10名の1人)
2010年「動脈硬化疾患の予防と治療に関する栄養学的研究」により日本栄養・食糧学会功労賞を受賞
先生から一言: 楽しく健康になりましょう。

最新の健康相談new!

PR

カテゴリー別 健康相談

病気
症状・悩み
生活・暮らし
部位
病院・薬・検査
食品と栄養
年代・性別
healthクリックのサービス一覧
[調べる]
[みる・みつける]
[知る・学ぶ]
[相談する]
[参加する]