healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

健康相談答えてドクター

歩行困難の母について(よしこちゃん、40代女性)

78歳の1人暮らしの母のことで、教えてください。もうかなり前からですが、足が弱ってきて歩行がゆっくりになり、最近では押車等の支えを使わないと危ない状態です。そうは言っても、痛くはないそうです。介護度は、あいまいなのですが要支援1だったと思います。年齢によるものだと思っているので、そのことで病院へ行った事もありません。また、内臓にも特別悪いところはなく、その他に病院へ通うようなこともありません。
ただ、見ていてどんどん弱くなっていくし、喋るほうもどんどんろれつが回らないようになってきています。このろれつも前歯が2,3本ないため喋りにくいのだと思ってました。歯のせいなのかな、年のせいなのかな、と私も思っていたのですが、この頃心配になってきて、「病院へ行ってみないか」と母に言うのですが、本人も別に痛いわけでもないので、その気がないようです。このまま何もしないでいるよりは、一度見てもらったほうが良いのでしょうか?その場合、何科にかかればよいでしょうか?

受診される場合は、神経内科を。異常がなければ、デイケアなどの利用も。

ろれつが回らない程度がどれくらいかによって判断が変わってくると思います。大きな脳梗塞ですと麻痺が出たり、しゃべれなくなったりするのでおかしいとすぐわかりますが、ラクナ梗塞といって小さな脳梗塞が多発してくると何となく歩行がおぼつかなくなったり、しゃべる速度が落ちたり程度の軽い症状だったりすることがあります。受診するなら神経内科で脳の萎縮、梗塞の有無などを検査してもらうのがよいのではないでしょうか。
もし、脳の病変がないのであれば、普段人との関わりが少なく、日常活動が低下しているためかもしれません。近所の人たちとのおつきあいは積極的でしょうか。もしあまり外で話をしていない、閉じこもってテレビばかり見ているようでしたら、デイケアなどを行っているクリニックを受診するのも良いかもしれません。デイケアでは、集団で歌を歌ったり体操したりと他人との関わりを持たせてくれますので、良いトレーニングになるのではないでしょうか。

よしこちゃんさんからコメントをお寄せいただきました

その後、近くの神経内科に母を連れて行きました。診察→CT→MRIと受け、本日その結果が聞けました。
脳梗塞もおきておらず、血管も年齢の割りにはきれいですが、若干小脳が…ということで、「脊髄小脳変性症」の疑いがあるとのことでした。大学病院を紹介され、入院して検査を受けたほうが良いといわれました。
歩行が困難になっていくのも年のせいかな、デイサービスにも通っているけど何も言われないようだし…でも、どんどんひどくなっていくし、ろれつも回らなくなっていくし、でもただの老化だったら病院行くのも、と心配でしたが、healthクリックに相談して、病院へ行くのを後押ししてもらい、とても良かったです。病気であろうということにはなりましたが、そのままでいるよりはいいと思っています。ありがとうございました。

ご回答いただいた医師

内山明好 先生

内山明好 先生

ご活躍の場: 株式会社アーテイジ 代表取締役
ご専門: 骨粗鬆症、関節疾患、腰痛など整形外科的疾患、臨床試験、薬事・薬剤安全性など
ご経歴: 浜松医科大学医学部卒業、同大学整形外科学入局
ハーバード大学骨疾患研究所留学
その後エーザイ株式会社,グラクソ・スミスクライン株式会社にて薬事,薬剤安全性、臨床開発等の部門長、担当役員を経て現職
所属学会・
団体:
日本整形外科学会、日本リウマチ学会、日本手の外科学会、骨代謝学会、抗加齢医学会、日本製薬医学医師連合会

最新の健康相談new!

PR

カテゴリー別 健康相談

病気
症状・悩み
生活・暮らし
部位
病院・薬・検査
食品と栄養
年代・性別
healthクリックのサービス一覧
[調べる]
[みる・みつける]
[知る・学ぶ]
[相談する]
[参加する]