healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

あなたの街のお医者さん

医療法人社団 ニューシティ大崎クリニック(東京都品川区)

〜圧倒的な培養技術と、患者さんの目線に立ったケアによるがんの治療〜
来院するがんの患者さんは、国内にとどまらず海外からも

歩道橋で大崎駅と直結する好立地
歩道橋で大崎駅と直結する好立地

大崎駅は、JR山手線・埼京線・湘南新宿ライン・東京りんかい高速線が通り、羽田空港からのアクセスも良い、都内でも指折りの交通の要衝。その大崎駅と直結するビルの中に、ニューシティ大崎クリニックはある。北は北海道から南は沖縄県西表島(いりおもてじま)まで、全国からがんの患者さんが訪れる。さらには、その評判はインターネットなどで海外にまで広まり、はるばるタイや中国、韓国などから来日し、ウィークリーマンションなどに滞在して治療を受ける外国人の患者さんも珍しくない。

落ち着いた雰囲気の受付と待合室
落ち着いた雰囲気の受付と待合室

来院した患者さんを最初に迎え入れるのは、白とグレーを基調にした、木のナチュラル感あふれる受付と待合室。一歩足を踏み入れると、優しく、落ち着いた雰囲気に包まれる。患者さんにリラックスしてもらえるように、心地よい音楽も流れている。藤田院長は「免疫力を高めるには、落ち着ける雰囲気が何よりも大切だと考えています」と語る。

患者さんと同じ目線からの、こまやかな配慮

無料相談では、じっくりと説明を受けられる
無料相談では、
じっくりと説明を受けられる

治療を受けることを検討している患者さんや家族にとって、気になるのは施設や効果だけでないだろう。高額になるがんの治療において、経済的な面を心配するのは当然だと、ニューシティ大崎クリニックでは考えている。そのため、治療費はすべてホームページ上で公開しており、支払い方法は一括の前払いではなく投与のたびごと。また、初回の相談は、完全予約制でじっくりと約1時間かけて、治療法の詳細や効果、費用など、ことこまかな説明を無料で受けられる。結果的に治療を選択しなかったとしても、この相談における費用は一切かからない。もちろん、説明を受けたその場で治療の開始を決める必要はなく、家に帰って家族と話し合ってから決めても問題ない。詳細を知りたい患者さんは、ホームページから無料の資料請求もできる。これらのこまやかな配慮から、患者さんの目線に立つことを第一とした姿勢がうかがい知れる。

特許を取得した培養方法による、世界トップレベルの「高活性NK細胞療法」

治療を行う先生とスタッフのみなさん
治療を行う先生と
スタッフのみなさん

ニューシティ大崎クリニックでは、手術、抗がん剤、放射線に次いで「第4の治療法」と呼ばれる免疫療法を行っている。免疫療法とは、採取した血液中の免疫細胞を培養して増やし、点滴で再び体内に戻して免疫力を上げるがんの治療法のこと。がんができた部位に関わらず受けられ、抗がん剤や放射線など、他の治療法と組み合わせることで効果が高まり、再発の防止も期待できる。免疫細胞にはいくつかの種類があるが、ここではNK(ナチュラルキラー)細胞を劇的に増やす「高活性NK細胞療法」を行っている。NK細胞療法を行うクリニックはほかにもあるが、他院との最大の違いは、その培養する細胞の数。1回の点滴で体内に戻す免疫細胞は100-150億個、そのうちNK細胞の数は、40〜100億個にものぼる。「免疫療法では、免疫細胞の数こそ力なんです」そう説明するのは、実際に培養にあたる益山(ますやま)先生。治療のためには健康な人の1.5倍まで免疫力を高める必要があるが、がんの患者さんの免疫力は健康な人の半分しかないため、培養して増やす数が少ないと治療の効果が上がりにくい。その点、ニューシティ大崎クリニックでは、NK細胞の培養において特許を取得しており、圧倒的な培養数を誇っている。

クリニックに併設されたラボ(研究室)が治療を支える

培養は併設するラボで行われる
培養は併設するラボで行われる

培養を受け持つラボはクリニックのすぐ隣に併設されていて、培養してから患者さんの体内に戻すまでをスピーディーに行うことができる。細胞は生き物であり、患者さんの個人差やがんの進行度による違いもあるため、繊細な取り扱いが求められる。画一的な培養方法では、決して通用しない。高い治療結果を残せているのは、厳重な管理の下で感染対策が施されたクリーンルームなどの高度な設備と、あらゆる状況に対応できる技師たちの高い専門技術が、ともに備わっていることの証明だといえるだろう。

患者さん一人ひとりの心のケアを重視

点滴を行う間も、先生が側についている
点滴を行う間も、
先生が側についている

治療の最中においても、患者さんに安心感をもってもらうための心づかいは徹底されている。点滴を行う40〜50分の間、先生はずっと患者さんの側についていてくれるので、どんな質問にも丁寧に答えてもらうことができる。「つまらないことですけど…」と切り出しつつ、他の病院では聞きにくいことも、このクリニックでは聞けるという患者さんも多い。「横にずっとついていると、患者さんも話しやすいようですよ。点滴の注射をして、すぐにその場からいなくなってしまっては、患者さんは聞きたいことも聞けないでしょう」と藤田院長は笑顔で話す。患者さん一人ひとりと向き合い、心のケアにまで配慮しているのは、このクリニックの最大の特長のひとつだといえる。

インフォメーション

ニューシティ大崎クリニック

ニューシティ大崎クリニック

住所 〒144-0032 東京都品川区大崎1-6-1
大崎ニューシティTOCビル1号2F
最寄駅 JR山手線・埼京線・湘南新宿ライン・
東京りんかい高速線 大崎駅
電話番号 03-5437-3170
診療時間 月火水木金 9:00〜13:00、14:00〜17:00
休診日 土・日・祝
ホームページ http://www.nco-clinic.jp/

先生のご紹介

「まずは一度、お気軽に無料相談にお越しください。治療に関する疑問にすべてお答えします。」

藤田実彦院長

藤田 実彦(ふじた さねひこ)院長プロフィール

略歴:
1967年 日本大学医学部卒業
2004年 ニューシティ大崎クリニック院長就任
所属学会(認定医・専門医など):
日本消化器病学会関東甲信越地方評議員
日本内科学会認定医
日本消化器病学会認定医
日本肝臓病学会認定医

益山純一院長

益山 純一(ますやま じゅんいち)先生プロフィール

略歴:
1977年 新潟大学卒業
2004年 ニューシティ大崎クリニック勤務

healthクリックのサービス一覧
[調べる]
[みる・みつける]
[知る・学ぶ]
[相談する]
[参加する]